うつ病の症状を改善【自分ではコントロールのできない気分の変化】

一人で悩まず病院に相談を

うつ病にはいくつかの種類がありますが、その判断は大変難しいため、専門医に診てもらって適切な治療を受けることが大切です。どの種類のうつ病も、精神的な症状や身体的な症状が表れ、酷くなると日常生活に支障が出るため、早めの受診が大切です。

新しいタイプもあります

男性

自己判断は無理

うつ病というと、気分の落ち込みが激しくて仕事だけでなく私生活までうまく回せなくなってしまう様子を頭に浮かべるものではないでしょうか。真面目で責任感の強い人がかかりやすく、無理をして悪化させてしまいがちというのがよく聞くタイプと言えるでしょう。あまり知られていませんが、これとは別に若い世代を中心に新型うつ病と言われる症状もあると言われています。これも気分の落ち込みなどを中心とした抑うつ症状がでるものですが、スタンダードなタイプと決定的に違う点があります。これは、仕事中は抑うつ症状で苦しんでいても、いざプライベートとなると元気になって普通に遊びに出かけることが出来るという点です。そしてまた、仕事になると抑うつ症状に苦しむというのを繰り返すことになり、周囲からは甘えや仮病だとか、はたまた大げさな態度をとっているというように見られてしまいます。実際自分が働く現場に入ってきた新卒の新入社員がこのような状況になったら、疑いの目で見てしまう気持ちもわかるものではないでしょうか。しかしながら、当の本人の悩みは真剣で、仕事のない日には症状がなくなるので楽しく過ごすことが出来るものの、ストレスのある職場に行ったり、行こうとしたりすることで自分ではコントロールのできない気分の変化が起きてしまうのです。精神疾患はうつだけでなく様々なものがあり、体の疾患と異なって血液を調べればわかるなどといったものではありません。そのため、きちんとした正しい診断を受けるためには専門家である精神科医の診察を受ける必要があります。信頼できる診断を受けることで初めて治療を始めることが出来るわけですから、おかしいと感じたら自己判断せずに精神科を受診するのが大切になります。新型うつ病に関しては殊更で、周囲の理解が得難い症状であるからこそ、きちんと専門家からの診断を受けて、それに応じた治療を受ける必要があります。通常の症状のうつ病の場合は、治療は主に抗うつ剤を用いた薬物療法が一般的ですが、新型うつ病はそうではありません。実際には、精神科医の中でも新型うつ病に対する見解に違いがあるのが現状で、非定型うつ病といって通常のものとは別のものという意見もあります。治療に関しても、抗うつ剤を使用しても効き目が弱いケースも多く、カウンセリングなど心理療法や生活指導や栄養指導などを進めていくケースもあります。周りからは甘えのように見えても、本人はいたって真面目にこの症状に苦しんでいて、通常の社会生活を失う原因にもなってしまうものであるため、きちんと対処していく必要があり、精神科の敷居が高いという理由から、心療内科が選ばれるケースも増えています。

女性

憂鬱な気持ちが病気なら

うつ病をしっかりと治すためには、信頼できるドクターを探して、最後まで指示を聞くことが大切です。そのため、うつ病のつらい症状で精神科や心療内科に通うことを考えているのなら、まずは最後まで治療を任せられるドクター探しから始めましょう。

医者

メンタルヘルスの病院

年々うつ病を発症する人が増えています。うつ病の症状には、抑うつ気分や体調不良がありますが、人によって症状の度合いは様々です。このため、患者の話をよく聴いてくれる専門医がいる病院を選ぶことがポイントです。

男性

口コミで評価の高い病院

うつ病は女性に多いですが、誰でも罹る可能性がある病気です。うつ病の症状には娯楽や活動への興味の喪失や、精神的な落ち込みやイライラなどが見られるようになります。気になる症状が見られたら、早めに精神神経科を受診して下さい。