うつ病の症状を改善【自分ではコントロールのできない気分の変化】

メンタルヘルスの病院

医者

メンタル不調の治療

うつ病を発症する人は年々増加の一途を辿っています。うつ病を発症する要因は様々ですが、症状の種類は一般的には、心身両面に現れます。心的には、気分の落ち込みや意欲がわかないといった抑うつ気分があります。身体面では、肩こりや腰痛、不眠症や中途覚醒といった睡眠障害が現れます。これらの症状が長期化するとうつ病が疑われます。しかし、こういった症状は短期的に、誰にでも発生します。このため、自分でうつ病に罹患していることには気づきにくい場合が往々にしてあります。そこで、周囲の人からのアドバイスや職場のストレスチェック制度を利用して、まず病気に気づくことが大切です。うつ病かもしれないと考えた場合は、専門医がいる病院に行って診察してもらうことが重要です。他の病気と同様に、早期発見、早期治療が大切です。心療内科などの病院はたくさんありますが、患者が増加している現状では、予約待ちの場合が多いです。治療は、投薬治療で行われるのが大半ですが、長期化する場合がほとんどです。このため、病院を選択するに当たっては、いろいろな要素を検討する必要があります。基本的には、主治医が大事です。脳内の神経伝達物質の減少によって引き起こされる病気ですので、検査をしてもわかりません。主治医は、患者から症状や困っていることなどを聞いて、また患者の様子からうつ病かどうか診断を行います。そして、それらの症状の改善に適した処方を行います。このため、きちんと自分の話に耳を傾け、話しやすい雰囲気を持った主治医を選ぶことが大切です。うつ病の治療には長い時間がかかりますので、主治医とも長い付き合いになります。納得のいく説明をしてくれ、自分の症状にあわせた薬を処方してくれる主治医が必要です。その意味においては、例えばインターネットの口コミで評判がいい専門医が、自分にとっても最適であるとは限りません。患者それぞれに症状が異なりますし、患者の性格や個性も異なりますので、いわば専門医との相性が大事です。また、一度に大量に薬を処方する専門医も避けた方がいいです。もし、最初にかかった病院があわないと感じたら、別の病院に変えてみることも必要です。あるいは、セカンドオピニオンを聞くなどして、治療方針を確認することも必要です。このため、最初の段階がなかなか難しいことになります。また、治療が長期化するということは、通院も長期化することを意味します。このため、通勤の途中にあるとか、通院しやすい場所にあることも、病院を選択する際の大きなポイントとなります。